« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

☆6月のキャンペーンのお知らせ☆

今月もほめじゃ自然の会入会キャンペーンを開催します

ほめじゃ自然の会とは・・・
自然素材を原料にした製品を使い、本来持っている生命力による美しさを手に入れる。
「自然派おいしい」「自然は健康」「自然は美しい」
この3つの大きなテーマを基本理念におき、日本豊受自然農㈱の自然農園などで作られた原料を活用した製品を、もっと多くの皆さまに身近にお求めやすく、そして長くご愛用いただくために生まれた会です。

ほめじゃ自然の会入会キャンペーンIlm19_db10002s_4
6月1日(土)~6月30日(日)
 ●新規でご入会された方
 
●新規の方をご紹介くださった方
共に、お好きなハーブパック または 豊受産のお野菜
をおひとつプレゼント

ぜひこの機会にご入会ください。

2013年5月 8日 (水)

ほめ補酵素の試飲をはじめました!

名古屋店で、ほめ補酵素の試飲をはじめました2013050615360001 
ほめ補酵素 720ml 9,000円(税込)

ほめ補酵素とは・・・
人間の体内で作られる酵素の働きを助けてくれる働きをします。
農薬・化学肥料を使わない自然農法で育てた野菜や果物を中心に75種類の原料を黒砂糖で抽出。
豊受自然農園洞爺産のファゴファイラム(韃靼そば)・ルータ・カレンデュラ(トウキンセンカ)のハーブエキスを加え、3年の時をかけて発酵・熟成を繰り返し、ミネラルレメディーを配合した毎日飲める補酵素ドリンクです。
※着色料・人工甘味料・香料・保存料は一切使用しておりません。

【原材料】
植物発酵エキス(黒砂糖、キャベツ、イチゴ、リンゴモモ、ダイコン、トマト、ユズ、カキ、キウイ、キュウリ、ナスビ、ホウレンソウ、小松菜、ピーマン、セロリ、ゴーヤ、シソ、ニンジン、プルーン、ヨモギ、大豆(遺伝子組み換えでない)、オリゴ糖、ブドウ、ミカン、カボチャ、レイシ、日本山人参、ケール、大麦若葉、モロヘイヤ、コンブ、玄米、スイートコーン、キンカン、シイタケ、米ぬか、レモン、ココア、キクラゲ、ワカメ、ヒバマタ、根コンブ、ブルーベリー、アケビ、ヤマモモ、アカメガシワ、オオバコ、クマザサ、スギナ、ビワの葉、マイタケ、ヒジキ、ナシ、チンゲンサイ、ウメ、レンコン、ウコン、イヨカン、ビタミン菜、イチジク、ヤマブドウ、ゴボウ、ブロッコリー、ショウガ、カリン、パセリ、アスパラガス、セリ、キイチゴ、ミツバ、ミョウガ、グミ、ブラックベリー、冬イチゴ、ファゴファイラムエキス(韃靼そば)、ルータエキス、トウキンセンカ花エキス)
本品の原料には上記の内、赤文字で記したアレルギー物質が含まれます。アレルギーをお持ちの方は、お気をつけください。

発酵食品は私たち日本人の食卓に欠かせない、味噌・醤油・漬物・納豆などです。
食材は発酵によりその成分を分解・合成し新たな成分に変化し、より栄養価が高くよりおいしく変化させてくれます。
そんな日本の発酵技術は世界にも誇れる技術であり、私たちの食生活を豊かにし健康を助けてくれるものです。
現在の日本の食事事情を考えてみると、化学調味料・インスタント食品・外食とカロリー的には十分に満足をするものになっていますが、栄養的には偏りがある人が増えてきています。
ほめ補酵素は、
 ・不規則な食生活の人
 ・高タンパク、高脂質の食事が中心の方に
 ・普段から疲れやすい人
 ・おなかまわりが気になる人
 ・健康に不安を感じている人
 ・薬をたくさん飲まれている人
など、若者からお年寄りまで、すべての人に飲んでいただけます。

ぜひこの機会にお試しください。
みなさまのご来店をお待ち致しております

Webからのご注文はこちら

2013年5月 4日 (土)

母の日お届け便♪

5月12日(日) 母の日お届け便
ホメオパシージャパンでは、母の日にプレゼントを直接お渡しできない皆さまに代わって、
プレゼントをお届けいたします。

お申し込み締め切り 5月9日(木)

Photo

お申し込み方法
 ①ショップでお好きな商品を選びください
 ②お好きなメッセージカードをお選びください
 ③到着ご希望日をご確認ください
 ④お届け先、送り主様のご住所、お名前、お電話番号をご記入ください
 ⑤商品代金と送料をお支払いください

おすすめ商品の一例
 サポートφJin (20ml 3,360円)
  かんじんな毎日をサポートするBerb-v.が入ったチンクチャー

 プチ内美セット
  ホルモンバランスをサポートするレメディーセット
  (小ビン1.5g(約30粒)×3本入 2,310円)
  (サポートB-B、Chi-meg、Nai-bi)


大切なお母様におすすめです

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »